Magfine education

もくじ

29. どこに磁石が使われているか vol.2

29-2 最先端IT機器でも磁石が活躍

日進月歩で進化を遂げる最先端のIT機器でも磁石が活躍しています。米アップル社の腕時計型端末「Apple Watch(アップルウォッチ)」には、時計本体とバンドをつなぐバックル部分に磁石が使われているほか、本体と無線充電器を固定するために磁石が取り付けられています。バイブレーション(振動)機能も電磁石の力を応用したものです。

音声AI(人工知能)を搭載し対話型の操作に対応した「スマートスピーカー」の一つ、米グーグル社の「Google Home(グーグルホーム)」にも磁石が使われています。デバイスの下部にあるスピーカーを覆う部分は、2つの磁石でデバイスの上半分とくっついており、手で簡単に外せるようになっています。もちろん、前述の通りスピーカー自体も磁石の力によって音を出しています。