Magfine education

もくじ

26. 吸引・吸着力

26-1 互いに引き付け合う力、反発する力

2本の磁石を持ってN極とS極を近づけると、お互いに引き付け合って1本の磁石になろうとします。これを「吸引力(吸着力)」と呼びます。いずれか一方を反対にして、N極同士あるいはS極同士を近づけると反発します。これを「反発力」といいます。吸引力、反発力は先端を近づければ近づけるほど強くなります。

強磁性体である鉄に磁石を近づけるとくっつくのも、磁石の吸着力によるものです。一方、磁場にあるとき物質がその磁場と逆向きに磁化する性質を「反磁性」といい、反磁性を持つ物質に磁石を近づけると反発する現象が見られます。水は反磁性を持つため、水を入れた容器の中心部に強力な磁場を発生させると、水面が分割されて両側に水の壁ができます。モーゼが海を割って渡ったという旧約聖書の記述にちなんで、この現象を「モーゼ効果」と呼びます。