Magfine education

もくじ

21. 地球磁石

21-2 地磁気が引き起こす天文ショー

太陽の表面からは常に電気を帯びた粒子の流れ「太陽風」が宇宙に向かって放出されています。太陽風は地球に近づくと、地磁気によって曲げられて北極や南極に降り注ぎます。太陽風が空気中を通過する時に酸素や窒素と衝突して発光現象が起こるのが「オーロラ」です。太陽の活動が活発なときはオーロラも多発します。

太陽風が直接地表に降り注ぐと生物は生きられてないといわれており、地球を取り巻いている磁力線と地磁気が私たちを守ってくれているのです。生命が誕生したといわれる約37億年前の地磁気は現在よりも非常に強力だったことが分かっており、地磁気がなければ地球上に生命は誕生しなかったのかもしれません。