Magfine education

もくじ

20. 最大エネルギー積BH-ma

20-1 磁石の強さを表す指数

磁石の性能を示す指数のことを「最大エネルギー積」または「エネルギー密度」といい、「キロジュール毎立方メートル(kJ/㎥)」という単位で表します。磁石の磁化には反対方向の外部磁化がかかるため、外部に発生できる磁界は磁化−外部磁界=磁束密度(B)で表せます。このとき、磁束密度(B)と保磁力(H)の積が(BH)、それが最大になる(BH)maxが最大エネルギー積です。

磁界の強さが増すにつれ磁性体の磁化の強さも増しますが、やがて頭打ちとなって「磁気飽和」という状態になります。このときの磁性体の磁束密度を「飽和磁束密度」といいます。磁性体を磁気飽和させた後、磁界をゼロにしたときに残るのが「残留磁束密度」、さらに逆向きの磁界を加えて磁束密度をゼロにしたときの磁界の強さが保磁力です。この変化の過程をグラフ化したものが「ヒステリンスループ」で、角形のS字になるほど最大エネルギー積が大きくなって強力な磁石となります。