今なお使われるフェライト磁石の誕生

西暦1930年頃

またも日本から誕生した新主流

KS鋼に始まりアルニコ磁石へと発展してきた金属系の磁石に対して、まったく別系統の磁石が生まれます。東京工業大学の加藤与五郎、武井武は酸化鉄を主成分とする磁性体、フェライトを合成してその磁気特性を研究していましたが、その過程でコバルトフェライトが優れた磁石になることを見いだし、東京工業大学の所在地である大岡山とパーマネントマグネット(永久磁石)の頭文字を取ってOP磁石と命名します。三島徳七によってMK鋼が作られる1年前、1930年の出来事です。

それが発端となり1952年、オランダのフィリップス社がバリウムフェライト磁石を開発し、現在のフェライト磁石の基礎を築きます。1961年にはアメリカのウェスチングハウス社により、一回り特性が向上したストロンチウムフェライト磁石が発表されました。

さまざまな用途に使われ今も中心的存在

フェライト磁石の最大の利点は材料費が安いこと。鉄鋼を作る工程で鉄の酸化物は大量に生まれるので、材料が安価かつ安定的に供給されます。それを焼いて固める(焼結)ので陶磁器のような性質を持ち、割れやすいという短所はありますが、特殊な形状を作ることができ、薬品に強くさびないという特性があります。

自動車部品やレーザープリンターのドラムのほか、特にスピーカーに使われることが多く、スリムでデザイン性に優れたスピーカーが市場に充実したのも、さまざまな形に成形できるフェライト磁石の特性のおかげです。長く工業材料として使われており、現在もなお最も一般的な磁石となっています。